Bo Polnyによる予測

 アメリカにBo Polnyというサイクル分析を行うアナリストがいます。彼のサイクル分析の手法は有料であり、公開されていませんが、2015年のピークアウトから下落トレンドが2022年まで続くという点は、私の予測と一致します。
 彼が公開した動画によると、11月から株式が大暴落するということです。
 


 以下のグラフは、上記の動画からの引用です。全ての指数がテクニカルで支持線を割れており、ゴールド以外に上がり目がないことがわかります。

2015103103











































2015103104









































TDシーケンシャルによる予測

 そして、とうとう日足チャートにもTDセットアップが出現しました。下記は、ダウ平均とGLDのチャートです。本稿では掲載しませんが、日経平均の日足チャートでもTDセットアップが出現しています。

2015103105














ゴールド・オイルレシオの上昇により金鉱株が暴騰

 そして、世界恐慌になれば、原油価格は低迷し、産金コストが減少する一方、金価格は上昇し、金鉱株は暴騰します。

 過去記事「に記載したとおり、コンドラチェフサイクルの冬に金価格は上がります。下記は、過去200年にわたる金価格とゴールドオイルレシオの推移です。

 コンドラチェフの冬は青色の部分ですが、デフレの中で金価格が上がるため、ゴールドオイルレシオが上昇しています。そして、このたび、直近過去2回のコンドラチェフの冬と同様に、ゴールドオイルレシオが上昇を始めました。
2015103102














 下記のグラフは、1905年からの金鉱株の株価とゴールドオイルレシオの推移です。前回のコンドラチェフの冬の際に、ゴールドオイルレシオが上昇し、金鉱株も暴騰しています。

 このたび、ゴールドオイルレシオが上昇すれば、金鉱山会社には追い風です。利益が上昇して、株価も暴騰します。

   バリックゴールドは、過去の似た局面で底値から最大15倍になっており、今回の底値7ドルにあてはめると、100 ドル超えが狙えそうです。
 2015103101



















 下記のグラフは、コンゴで金鉱開発を本格化させているBanroのマージン推移です。大きく上昇しています。株価100倍程度を目指しています。

20151031012






















 





 












金(ゴールド)はこれから2倍になる
林 則行
宝島社
2015-02-13
 






参照元

ボーポルニーのサイト
http://www.gold2020forecast.com/

ロングウェイブグループのサイト
http://www.longwavegroup.com/market/charts/charts.php



【マネックス証券のトレードステーションについて】
 本稿では、マネックス証券のトレードステーションによりチャートの作図をしています。トレードステーションは全米最高の評価を受けるトレーディングソフトであり、自動売買機能はもとよりあらゆるテクニカル・ファンダメンタルズの指標をプロットすることができ、あなたの独自アイディアをプログラミングで直ぐに生かすことができます。
  今なら、マネックス証券への口座開設で31,000円がキャッシュバックされます。決して損にはなりませんので、すぐにマネックス証券に口座開設しましょう。なお、トレードステーションは、現在米国株に対応していますが、日本株にも対応する予定です。
 

TDシーケンシャルについて】
 TDシーケンシャルは難解ですが、非常に有用なツールです。トレードステーションで用いているTDシーケンシャルのEasy Languageによるプログラムコードについては、人数限定かつ有料で下記で公開しています。
TDシーケンシャルのプログラムコード(Easy language)

【記事・画像の無断転載・盗用について】
 本ブログの著作権はゴールド金男にあります。本ブログの記事や画像を一部でもキュレーションサイト・まとめサイト等に転載・コピーすることは断じて許しません(URLのみの貼り付けは除く。)。仮に無断転載を発見した場合には、次のとおり、民事的かつ刑事的に断固たる措置を取ります。本ブログは、筆者の無償の労苦にて作成されているものであり、人の労苦をそのままコピー・横取りする行為は断じて許しません。犯罪の被害者になっても泣き寝入りはやめましょう。
1 Googleあてに著作権侵害情報の登録措置を行います。これにより侵害情報の掲載されたページは、著作権法違反により検索結果から抹消されます。
2 転載・コピーを掲載している送信元プロバイダーに対して、内容証明郵便にて送信停止と情報発信者の開示を請求します。これにより、違法ページを削除し、情報発信者の特定を行います。
3 転載・コピーを行った者に対して、民事訴訟を提起し、当サイトの逸失利益及び不当に得た利得の返還を請求します。賠償金支払い義務が直ちに履行されない場合、全国の銀行の全支店に対して債務名義に基づく差押を申し立てます。また、法人に属する個人による無断転載の場合は、個人のみならず法人に対しても訴訟を提起します。
4 転載・コピーを行った者に対して、著作権法違反により刑事告発を行います。これにより被告は、最大で懲役10年の刑又は罰金1000万円を科せられます。