2007年まで、中国の未曾有の経済上昇はレバレッジの大幅な拡大を伴っていませんでした。 しかし、2008年のリーマンショック以来、債務は急速に上昇しています。 2014年の半ばまでに、中国の総負債は、発展途上国の平均をはるかに上回るどころか、オーストラリア、米国、ドイツ、カナダを含むいくつかの先進国よりも高くなり、GDPの282%に達しました。

 中国は、世界全体の債務増加のうちの三分の一以上を占め、2007年から2014年までに20兆ドルも債務を増やしました。

 この増加の最大の原因は、不動産開発などで非金融法人が行った借り入れです。非金融法人の借り入れは、GDPの125%に達し、世界で最高レベルとなっています。

歴史を通じて、債務の急速な成長は、多くの場合、金融危機を伴ってきました。中国の現在の債務負担を管理する上で、我々は三つのリスクを指摘します。

第1のリスクは、家計、非金融企業、政府の負債のおおよそ半分が直接的または間接的に、不動産に関連していることです。

第2のリスクは、地方政府が行うカーローン会社への融資の急速な成長です。その多くは、返済に苦労することがあります。

第3のリスクは、中国での債務残高の約3分の1が、急速に成長した不透明なシャドーバンクシステムから借り入れられていることです。

中国の総負債は、発展途上国経済の平均をはるかに超え、オーストラリア、米国、ドイツ、カナダの負債比率よりも高いGDPの282パーセントに達しています。

 懸念すべきは、過剰投資に陥った不動産部門と持続不可能な地方政府の財政が、銀行システムにダメージを与え、シャドーバンクに投資した投資家や企業に損失が発生し、デフォルトの波につながる可能性があることです。

CHINADEBT