先週の反省

当たった予想

  1. ドル安が発生する。
  2. 金鉱株は、利食い売りをこなしながら激しい値動きになる。

外れた予想

  1. 日経平均の売り崩しと重なって、金価格は暴騰。
  2. SQ週であり、日経平均の売り仕掛けで、日経続落。

 先週の反省ですが、ドル安が継続したものの、水曜日に日経平均株価が転換点を迎えました。SQ通過後は、ドラギ発言による失望があったものの、金曜日にダウ平均は上げ幅を拡大し、リスク回避から買われていた金銀は下落しました。

 ポイントは、SQ週であるものの、日米欧の政策決定会合を織り込んだロングポジション形成が入ってきて、水曜日から日経平均株価が上昇に転じたことです。

 1月、2月で大きく売り方が勝利して、さすがに3月もというわけにはいきませんでした。

来週の見通し

  1. ドル安が継続するものの、株価は金融政策の支援により上昇する。
  2. 株価の上昇を背景に、金銀はいったん調整する局面に入る。調整するといっても、長期上昇トレンドにあるため、金価格は1150ドル程度までの小幅調整を目指す動きとなる。
  3. 銅、石炭、ウランといった景気拡大の恩恵を受ける商品はドル安と株高の支援により上昇しやすい。
  4. 株安により大きく売り込まれていた金融、テック、バイオはいったん巻き戻しによる戻り高値を目指す動きになる。

 先週水曜日以降、予想外に株価が強かったことから、来週以降も引き続きドル安にもかかわらず株高を目指す動きとなりそうです。

  • 各商品ETF、ドル、ダウ平均の日次推移

2016031503












コモディティの長期サイクルが底打ち

 ところで、今回のドル安は15年サイクルのピークによるものですが、これは裏返すとコモディティの15年サイクルのボトムでもあります。

 この見方が正しければ、原油も既に底打ちしたか半年以内に底打ちする可能性が高いです。直近2年までのスパンで見て、ここ数年大きく売り込まれた商品関連銘柄は軒並み大幅高となるでしょう。

  • 2001年からの各商品の月次推移
2016031502














  • 2009年からの各商品の月次推移
2016031501














※2015年のチャイナショックを的中させたカレンダーです。




※金暴騰を的中させた書籍です。
金(ゴールド)はこれから2倍になる
林 則行
宝島社
2015-02-13
 





※円高を的中させた書籍です。


※成長株投資法です。





※大化け株発掘法です。
スーパーストック発掘法 ──3万時間のトレード術を3時間で知る
ジェシー・スタイン
パンローリング株式会社
2014-10-11


※預金封鎖、資産課税に備えた金貨投資を奨めます。

 
2016年製 メイプル金貨 1/10オンス カナダ王室造幣局発行 3.11gの純金 メイプルリーフ ゴールド コイン 24金 保証書付き
カナダ王室造幣局








2016年 ウィーン金貨1/10オンス (クリアーケース付き)




































【マネックス証券のトレードステーションについて】
 本稿では、マネックス証券のトレードステーションによりチャートの作図をしています。トレードステーションは全米最高の評価を受けるトレーディングソフトであり、自動売買機能はもとよりあらゆるテクニカル・ファンダメンタルズの指標をプロットすることができ、あなたの独自アイディアをプログラミングで直ぐに生かすことができます。
  今なら、マネックス証券への口座開設で31,000円がキャッシュバックされます。決して損にはなりませんので、すぐにマネックス証券に口座開設しましょう。なお、トレードステーションは、現在米国株に対応していますが、日本株にも対応する予定です。
 

TDシーケンシャルについて】
 TDシーケンシャルは難解ですが、非常に有用なツールです。トレードステーションで用いているTDシーケンシャルのEasy Languageによるプログラムコードについては、人数限定かつ有料で下記で公開しています。
TDシーケンシャルのプログラムコード(Easy language)


※相場の転換点をつかむインディケーターです。